ブログトップ

101号室から。

stereotime.exblog.jp

小嶋雅人です。福島県出身のカメラマンです。音楽にまつわる写真を撮っています。たまにBASSも弾きます。撮影依頼はお気軽にご連絡くださいませ。

福島に帰りました。

遅くなりましたが、先日、3日間だけ福島に帰りました。


家に着いた瞬間に震度5強の余震があって、しかも震源がほとんど真下。その次の日も同じ震源で震度5弱の地震。
…かなり恐かったです。
その他に、地震速報は出ないけど、1日中なんとなく起きている余震。住んでいるみんなのストレスはきっと限界に近いはず。

みんなに少しでも元気になってもらいたくて、できる限りのことをしました。

3日間の様子を少し書きます。

f0155210_1838748.jpg
我が家の庭には立派な鯉のぼりが泳いでいました。




f0155210_18381534.jpg
うちのラブです。ラブラドールだから。もうおじいちゃんです。

f0155210_18375090.jpg
今年で91歳になるおばあちゃん。
震度5強の余震が起きたとき、おばあちゃんのことが心配で部屋に駆けつけた僕に、『なんだってこの地震はいつになっても諦めねぇんだなぁ。』って言ってました。
それでも、戦争に比べたらずっとましだそう。
あ、あと、『おめぇはそのパーマは飽きねぇのか?』って言われました(笑)。ずっとパーマだから。

f0155210_1834212.jpg
それから、中学校のグラウンドで兄とキャッチボールをしました。震災と原発の影響で、周りには誰も居ませんでした。

f0155210_18344780.jpg
甥です。景色を撮ろうとしたときの大胆なフレームイン。驚いてピントも露出も外しました。

f0155210_1835681.jpg
撮ろうとしたのはこれ。すごく綺麗でした。大震災も、原発事故も、本当は嘘なんじゃないかって少しだけ思った。

f0155210_18363698.jpg
突然寝転がって空を見る。夕暮れが綺麗ってでも思ったのかな。

f0155210_18411295.jpg
東京に戻る日の朝食。『魚固くなっちまーから早く食え!』って急かされながら撮りました。



原発事故がまだ落ち着いていないのに、みんな驚くほど普段と変わらない生活をしていて、正直戸惑いました。

『国が安全だって言ってるんだから大丈夫。』

だって…。


信じるしかないのかな…。



いやいや。僕がこんなことじゃ駄目なんだろうな。

『こっちは大丈夫なんだから、自分のことだけ心配しろな。』
って言われたし。


僕らが支えなきゃいけないんだから。


みんなは元気でした。

僕も、もう少し頑張ろうと思います。
[PR]
by stereo-time | 2011-04-29 12:10 | 日記